男の人

会社設立や債務整理には専門のサポート会社に相談しよう

設立のために

メンズ

名古屋で株式会社設立の際、どのような手順が必要なのでしょうか。まず、商号を決めます。その際、類似商号がないか調査する必要があります。最近では法的には同一住所でなければ大丈夫なのですが、紛らわしい商号を付けると、後から不正競争法に基づく損害賠償を起こされトラブルになることもありますので、先に確認しておいたほうがいいでしょう。次に、印鑑、定款を作成しその認証を受けます。定款とは、会社の目的や組織の基本的な次項を規定したもので、認証後は原則として訂正できませんので、記入漏れなどがないように司法書士などに確認してもらったほうが安心です。次いで、出資金を払い込み、設立登記の申請をし、このあと、税務署や社会保険事務所などに書類を提出します。

このように、名古屋で株式会社設立には煩雑な作業が多く専門知識も必要ですので、初めて会社を設立する方などには難しく感じられることもあるでしょう。株式会社設立について詳しい友人・知人などがいれば頼ることもできますが、そうではない場合には、株式会社設立や債務整理のサポートを行っている会社に依頼する方法もあります。特に、リミットが決まっていて設立を急いでいる場合なども、こういった債務整理や設立のサポートを利用したほうがスムーズだといえるでしょう。また、株式会社設立には、資本金の他に20万円ほどの諸経費がかかりますが、こういったサポートを利用したほうが自分で設立するより安くできる場合もあります。株式会社設立や債務整理サポート会社は相談無料のところが多いので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

相談

調停にかかる費用

離婚調停を行う場合、どの程度の費用が必要になるかを適切に把握しておくことはとても重要です。そうした費用を把握せずに調停を行った場合には、想定以上の費用が必要になって困る事もあるのです。

男の人と女の人

交通事故の時は

自動車を利用していると、いつどこで交通事故に合うか分かりません。もし交通事故に合った時の為に保険に入っている人は多くいますが、保険に入る際には弁護士費用についての補償も含まれている保険を選ぶと良いでしょう。

男の人

新たに設立する

会社設立をする際には、税や商業登記に関するあらゆる手続きをする必要があります。会社設立時はかなり忙しくなるので、細かな書類準備や手続きは専門家である司法書士や税理士などに依頼しておくのが良いでしょう。

Copyright © 2017 会社設立や債務整理には専門のサポート会社に相談しよう All Rights Reserved.