婦人

会社設立や債務整理には専門のサポート会社に相談しよう

交通事故の時は

男の人と女の人

過失がないケースで想定されること

不運にも自動車による交通事故に遭うことがあります。たとえば、信号待ちで停車している時に後ろから追突されたり、駐車している自分の車に他の車が衝突してくることがあります。この2つのケースで共通しているのは、自分に過失が全くないということです。過失がないので、100パーセント相手方が損害賠償請求に応じてくれれば問題ありません。しかし、中には損害賠償請求に応じず、誠意を見せてくれないというケースもあるのです。この場合、自動車保険を加入している保険会社がいるから安心だと思う人もいるかもしれません。しかし、自分に過失がない自動車の交通事故においては、保険会社が示談交渉することはできません。これは弁護士法で禁じられているのです。

弁護士費用補償特約の備え

では、この場合、どうすればいいのでしょうか。そんな時のために活用できるのが、自動車保険の弁護士費用補償特約です。これは、自動車の交通事故において、相手が賠償請求に応じず、誠意を見せないので、弁護士を立てるとなった場合に、その弁護士費用を補償してくれるものなのです。補償額の上限は300万円としている保険会社が多いです。これがあれば、自動車の交通事故によって弁護士が必要になるケースでも弁護士費用が補償されるので安心ですね。ちなみに、弁護士が必要になるケースとしては、過失割合でもめるものがあります。お互いに過失がある場合には、基本的に保険会社どうしが話し合いをするのですが、どうしても折り合いがつかない場合があります。その場合、弁護士を立てて話をするケースもあり、その時も弁護士費用補償特約は活用できるのです。

Copyright © 2017 会社設立や債務整理には専門のサポート会社に相談しよう All Rights Reserved.