婦人

会社設立や債務整理には専門のサポート会社に相談しよう

調停にかかる費用

相談

離婚調停にかかる費用はどのくらいか

離婚調停は提出する書面も比較的簡単ですから、自身だけでやろうと思えばできます。その際には、収入印紙1200円分と郵便切手を家庭裁判所に納めることになります。もっとも、調停申し立ての際に戸籍謄本などが必要になるので、その取得費用はかかります。それでも、総額数千円程度で申し立てをすることが可能です。 もし、離婚調停を弁護士に依頼するとなると、これらの費用の他に着手金や成功報酬がかかります。弁護士に離婚調停を依頼した際の着手金は概ね30万円から50万円程度が相場であるといわれています。もっとも、これは着手金のみの金額であって、法律事務所によってはこの上に出廷日当や各種手数料などが発生します。さらに、成功報酬が別に発生し、事案や法律事務所によって大きく変わるので注意が必要です。

離婚調停のために支払う費用を軽減する方法

離婚調停を弁護士に依頼する場合、結局着手金や報酬などで70万円から100万円程度は見ておく必要があります。そのため、一般の方には費用面で敷居が高くなってしまいます。どうしたら離婚調停にかかる費用を安くできるでしょうか。 まず第一に自身で離婚調停を行うことが考えられます。この方法であれば、数千円から高くても1万円くらいで調停を行うことができます。もっとも、弁護士の助けを借りることができませんので、自分の主張をはっきりと調停委員に伝えられない人や気が弱い人には向いていないでしょう。また、法律知識の面でも不安があります。 そこで、自己主張をすることはできるけれど法律知識に関してはサポートしてもらいたいという人には、そのようなサービスを提供している法律事務所があるので、そちらに依頼するといった方法があります。つまり、この場合、弁護士が調停に同行したり代理で出席することはありませんが、法的なアドバイスについて電話やメールなどで受けることができますので、法律知識を補充することが可能です。また、その場合には、調停への出席を依頼するよりも費用を安く設定していることがほとんどです。

Copyright © 2017 会社設立や債務整理には専門のサポート会社に相談しよう All Rights Reserved.